人に安心・びわ湖に優しく 環境こだわり農作物(大豆)を使用したとうふを作っています。
TOPページ > 環境こだわり農作物の詳細 > 環境こだわり農産物(大豆)の生産者紹介および栽培の紹介

環境こだわり大豆使用の豆腐および販売店の紹介

生産者紹介
澤農園 澤光三さん、澤吉隆さん
澤農園 澤光三さん、澤吉隆さん 澤吉隆さんのコメント
私たちの生産した大豆が製品になり、消費者の皆様に喜んでいただけることを一番に考え大豆栽培に取り組んでおります。滋賀県甲良町は、鈴鹿水系の豊かな水 に恵まれ、夏にはほたるも飛び交う大豆栽培には適した土壌がございます。その恵まれた環境を生かせるよう栽培過程では、手間を惜しまずより良い品質で安 心・安全な大豆をご提供できるよう心がけております。
澤農園さんの紹介

豆腐加工に適した良質な大豆を生産し続けたいと滋賀県の湖東(犬上郡甲良町)で低農薬・減化学肥料の環境こだわり農産物の生産に取り組みながらオオツル、タマホマレ、フクユタカの品種を栽培されている澤農園さん。
澤農園さんでは、もともと他の都道府県よりも化学合成農薬や化学肥料に対する規制が厳しい滋賀県でこれらの使用量を滋賀県の慣行の半分以下に削減し、濁水の流出防止など琵琶湖をはじめとする環境負荷を低減する技術で環境こだわり大豆の生産をされています。
「天候でも、特に降雨と排水状況を見定めながら、基本作業をきちんと励行する」ことを常に心がけ、平成19年産収穫大豆は1等・2等の比率が8割を超えています。労働生産性も地域の平均を大きく上回り、その先進的な技術が他の農家の模範となるとして、全国豆類経営改善共励会の平成19年度大豆農家の部で農林水産大臣賞を受賞されました。

澤農園さんの収穫写真
一号のオペレーターは澤吉隆さんによる収穫

一号のオペレーターは澤吉隆さんによる収穫

澤農園 1号・2号機によるコンバインでの収穫

澤農園 1号・2号機によるコンバインでの収穫

コンバインにて収穫された大豆をフレコン袋に取り出し

コンバインにて収穫された大豆をフレコン袋に取り出し

コンバインにて収穫された大豆をフレコン袋に取り出し

コンバインにて収穫された大豆をフレコン袋に取り出し

収穫捕場で掘り起こしたオオツル品種の根についている根粒菌

収穫捕場で掘り起こしたオオツル品種の根についている根粒菌

腐り豆・割れた豆等を仕分けしながら大・中・小粒と選別していく

腐り豆・割れた豆等を仕分けしながら大・中・小粒と選別していく

各タンクには粒ごとに入っていて、計量器にて計量・袋詰めをする 各タンクには粒ごとに入っていて、計量器にて計量・袋詰めをする

各タンクには粒ごとに入っていて、計量器にて計量・袋詰めをする

水分調整・選別・袋詰め後 検査を受ける農協の施設

水分調整・選別・袋詰め後 検査を受ける農協の施設

水分調整・選別・袋詰め後 検査受け出荷待ち

水分調整・選別・袋詰め後 検査受け出荷待ち

せせらぎ遊園のまち 甲良町 http://www.kouratown.jp/
せせらぎ遊園のまち 甲良町 蛍の川
98 年に整備された水路で、近年、甲良町尼子集落内を流れるこの水路でホタルがでるなど、この環境を維持すべく、昔のままの水路を基本にしながら、適所にポ ケットパーク的な空間が創設されました。また、水路沿いの道路は以前は県道で車の通行量が多かったが、集落周辺にバイパスができたため、通行量が減ったこ とも手伝って、水路沿いにあったガードレールが撤去されました。ただ、単に撤去だけではなくこれ以上近づくと水路に落ちますよといった芝目地石張りを道路 と水路の境の施すなど心憎い整備が行なわれている。

蛍の川以外にも昔ながらの自然に囲まれた甲良町で澤農園さんの環境こだわり大豆は栽培されています。

このページの上へ